第6回XPLANE CAFÉを開催

毎月開催の研究紹介イベント「XPLANE CAFÉ」の第6回を2021年9月26日に開催しました。

【登壇者】
デニス サヤ さん(ノースウェスタン大学 医学情報学 博士課程2年)
発表タイトル:「人工知能の医療への応用」
メッセージ:皆さんは機械学習や深層学習といった分野をご存知でしょうか?私は、これらのいわゆる人工知能と呼ばれるアルゴリズムを医療に応用する研究に取り組んでいます。医療にまつわるデータは数値から自然言語、画像、ゲノム情報など様々ですが、機械学習でどんな問題解決の可能性があるのか、また医療面に特化した利点や懸念点なども紹介していけたらと思います。

藤江 芽衣 さん(フォーダム大学 GSAS English 修士課程2年)
発表タイトル:「『パチンコ』にみるアメリカ文学研究の現在」
メッセージ:文学研究の定義は非常にあいまいです。同じ文章を扱いながらも、作者の背景に文章との関連を見出す研究、セオリーを用いながら批判的に分析する研究などさまざま。今回は専門であるアジア系アメリカ文学からミン・ジン・リー著『パチンコ』(2017)を用い、私の行なっている研究の手法と内容の一部を紹介したいと思います。

XPLANE CAFÉとは?
大学院留学とは切っても切れない「研究」に焦点をあて、現役の留学生あるいは留学経験者の方にご自身の研究をその分野の専門家以外でもわかるように紹介していただきます。通常の学会やセミナーよりもインフォーマルな雰囲気の中で、スピーカー・聴衆間での交流がしやすい会にしたいと考えています。これにより、受験生は「海外でどのような研究ができるのか」とイメージできるだけでなく、留学生あるいは留学経験者間でのネットワーキングができる場となればと思います。

目次
閉じる